ワイン日記

田中六五 レビュー

まず田中六五について

田中六五 田中? 六五?

たなかろくご? たなか? sixty-five

正解は『たなかろくじゅうご』

だそうです

田中の由来は田中さん?

いいえ、

『山田錦のんぼのから生まれた酒』

なので田中

六五の由来は精米歩合65%からきているそうだ

う〜ん興味深い

今晩は妻の作ってくれたこちらのワンプレートディナーで田中六五を楽しみたいと思う

上から唐揚げ レッドキャベツマリネ 菜の花炒め ゴーヤチャンプルー

と多彩なワンプレート

我が家ではこの様なワンプレートが夕食にはよく登場する

洗い物も少なくて済むためある意味賢い戦略だ

ここでは妻の自慢をしたいわけでははないが

料理はうまい

ほとんど味も外さずに作る

なので毎晩の晩酌も楽しめる

この場をかりてありがとう

本題の戻ろう

まずはボトルを触った時に他の清酒とは明らかに違う感触がある

ラベルが非常に上品なのだ

手触りがサラサラとしていて水に濡れても剥がれない

強い素材のラベルを使っている

ここには強いこだわりを感じる

開封しグラスに注ぐと

酒質は硬派でしっかりとした液体の印象

薄濁り

香りは控えめ

土地柄なのか少し海を感じるドライな印象

鼻の奥にツンと刺さるスマートな香り

口に含むと

ドライな飲み口ながらもしっかりとした味わい

アルコール感を喉で強く感じる

炭酸も程よい

人物に例えると

スマートで高身長な男性

27歳くらい

大卒 入社5年目

丹精な顔立ち

仕事はしっかりこなし、会社の女性社員からも信頼が厚く人気者

飲みの場でも深酒はしない

休みの日はスキューバダイビングと映画鑑賞

近く二つしたの彼女とも結婚を予定している

最高の食中酒となりうるこの田中六五

皆さんもどこかで見かけたら購入してみてはいかがだろうか

それでは酔い夜を★

kazuya

 

 

 

 

-ワイン日記

Copyright© kazuyaBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.